« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月21日 (火)

「ときどき意味もなくずんずん歩く」宮田 珠己

商品の詳細

 

おもしろいです。

ひさしぶりに、 本読んでひーとかいって笑い転げた。

思い立って歩くのは私もやるけど、ここまで長距離じゃない!!

千里丘陵から京都10時間以上とか。次、奈良の大仏までとか。

今まで旅行に興味があんまりなかったし、わざと旅行本を読まなかったけど、

おもしろいならどんどん読みたいです。

2009年7月15日 (水)

映画「ストロベリーショートケイクス」

ストロベリーショートケイクス

925

最後のシーン、観覧車の見える砂浜はとなりまちです。

今度、ここで花火。楽しみ。

映画、やっとみました。今のタイミングでみるって。。。。。

いえ。公開時にみてたらもっと落ち込んでたかもね。いや、2006年は、、いつだったか。

ああ、痛すぎる、わたし。うーーーん。今でもやっぱり落ち込みます。とまと。

2009年7月12日 (日)

「となり町戦争」三崎亜記

となり町戦争 (集英社文庫)

著者写真を表紙めくってすぐに載せるのはどうかと。

想像範囲に制限がでるので。女の人かと思っておかしいなーと思ってたが、ちがってよかった。

新聞で写真を拝見したことがありました。そういえば。

次はバスジャックを読みたい。

キツネ・メゾン 7 [Compilation]

7が発売です。

キツネ・メゾン 7

踊るロックシールがついてました。

秋葉原タワレコにて購入。火曜の夜遅くで、新譜発売前日、長い列に並びました。

3曲目のfhoenixが!!

どの曲もよいです!

2009年7月 7日 (火)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

勝間さんの本を読んだ続きで。

わたしの自分だけの特長的な資質は「収集心」「慎重さ」「最上志向」「内省」「未来志向」でした。

お金出さずとも知ってたか。

付け加えるなら、あと、偏った行動力。

インスタント沼

映画。インスタント沼

三木聡、見たいみたいと思いつつはじめてでした。

テアトル梅田もめっちゃ久しぶり。働いてる人が減った?

少人数でもまわせる配置のカウンターでした。

麻生久美子の衣装がかわいい!!!

蔵!!!「廃墟建築士」にも蔵、出てきます。つながってます。

2009年7月 5日 (日)

「1Q84」 村上春樹

1Q84 BOOK 1

約10日かけて戻ってきました。

お話の世界とこっちとで、行ったり来たりは難しいので、

物語を読む時は特に行ったっきりになってしまいます。

忘れたらだめだというメッセージを込めた、エンターテイメントだと思いました。

考える必要があるということで、なぞはなぞのままか。

  

しかし、これまで、なぞのままな物語を読みすぎてきたせいで、

なぞはなぞのまま受け入れる知恵をつけてしまいました。

2009年7月 3日 (金)

プロフェッショナル 仕事の流儀〈15〉 (単行本)

15巻では、ベンチャー企業経営者(南場智子)、中学校教師(鹿嶋真弓)、建築家(隈研吾)の3分野から。

なんで4の次15なのかは、図書館で借りたから。

  

中学校教師編はリアルタイムで見た。

見たときは、おこってしまって感情のままに異論をテレビにぶつけていたが、

文章で読むと、なるほど、と、納得させられる。

まだまだ制服時代は客観的に見れない。

金八先生もだまってみない。たくさん大きく突っ込む。

  

隈研吾さんの話では「同じことを繰り返さない」とあったが、繰り返さないことを仕事として

成り立たせることに奥深さを感じる。最近の発見が覆される。

プロフェッショナル 仕事の流儀〈4〉 (単行本)

プロフェッショナル 仕事の流儀〈4〉

内容(「MARC」データベースより)
脳科学者・茂木健一郎が独自の視点で各界のプロに切り込む、NHK総合テレビ「プロフェッショナル」を書籍化。4は、映画プロデューサー・鈴木敏夫、建築家・中村好文、飲料メーカー商品企画部長・佐藤章の3名を収録。

おもしろく読みました。

本だと、読むスピードが自由で、それもよい。

テレビだと映像がある分情報量も多いけど、スピードとか情報の受け取り方が

自分でコントロールできないところがある。

2009年7月 2日 (木)

「きいろいゾウ」西加奈子

きいろいゾウ (小学館文庫)

前の会社の仲良しさんを思いました。

野菜をがつがつ食べたくなります。